エコカーの定義とはどのような事

低燃費車はエコカーではない

低燃費である事はエコカーの本来の意味とは違います。
石油依存からの脱却を目指してエコカーというものが考えられ、開発されてきた経緯があり、石油に依存している時点でその考え方に反しているからです。
日本の基準は曖昧で低公害車であればエコカーとしていますが、燃費性能が上がれば当然低排出になります。
しかし、石油依存である事は本来矛盾しているのです。
日本の自動車は優秀で欧米の自動車に比べれば低燃費である事が売りになっていた時代もありました。
石油の高騰や景気の低迷で自動車にも余り経費をかけたくない心理が強く働き、昔の自動車のようなリッター数キロの自動車は売れなくなってしまいました。
そこで、世界に比べてアドバンテージがあった燃費性能を追求した結果が現在の低燃費車であり、エコの考え方とは根本的にスタートが違うのです。
こうした流れの中で国がエコカーに対して一定の補助を考えた時、低燃費車が圧倒的に多い事からエコカーとして認め市場を活性化させようとした経緯があるのです。
これから先のエコカーの未来に低燃費車はそれ程重要ではなくなるでしょう。
何故ならば石油依存をしている自動車は石油の枯渇と同時に使えなくなるからです。
近い将来に石油が枯渇するとは思えませんが、産油国が石油の高騰を容認している以上、経済的にも非石油依存を進めるしか無いのが現状です。
世の中の流れがそうであるならば、もう変える事は出来ないのが現実なのではないでしょうか。

ハイブリッドカー

ハイブリッドカーとはガソリンや軽油を使う内燃機関と電気を使うモーターを併用した自動車の事を言います。
内燃機関とは所謂エンジンの事で、一般に負荷が低い時に効率が悪く、逆にモーターは負荷が低い時に効率が良くなります。
このエンジンとモーターの特製の良い部分を組み合わせて自動車に利用する事で、低燃費性と低排出性を持たせたのがハイブリッドカーの実態です。
結局はエンジンを利用している事に変わりがなく、本来の意味のエコカーであるかについては疑問の声もあります。
ハイブリッドカーの登場は意外と古く長い間研究をされてきた技術です。
一般に広く普及したのはこの10年程ですが、案外古い考え方でもあるのです。
これはエンジンの特製がどうしても自動車の発進時に効率が悪く、燃費性能を下げる原因だったからなのです。
皆さんも50キロ程度の遠距離移動と町中の移動ばかりの時で燃費がかなり違うのは経験していると思います。
モーターはこの逆で発進時の方が得意で、同じ速度で走るクルージング状態の方が不得意なのです。
現在ハイブリッドカーが普及した原因はこのエンジンとモーターの駆動をコントロールする為の電子制御が確立されたことにあります。
この電子制御はコンピューターを搭載し状況に応じて駆動をコントロールするという電子分野の技術が重要であり、自動車産業単体の技術だけでなく、他の分野の技術が生かされた結果なのです。
複合的な技術開発がこう言った先進技術では不可欠と言えるのです。

更新履歴